鳩山会館
HATOYAMA HALL

鳩山春子

文久元年(1861)〜昭和13年(1938)。女子師範学校で教鞭をとった後、、明治19年に共立女子職業学校(現・共立女子学園)を創立。女子教育に貢献した。




back

 

鳩山家の人々
鳩山春子
back

略歴
文久元年 1861年 3月23日   渡辺春子誕生。父 渡辺努(信州松本藩の藩士)、母 賢子の五女として長野県松本市に生まれる
        明治に渡辺から多賀と改姓する
明治7年 1874年 4月 13歳 竹橋女学校に入学
明治10年 1877年 3月 16歳 竹橋女学校廃止につき、新設のお茶の水東京女子師範学校別科英学科に入学
明治11年 1878年 7月 17歳 お茶の水東京女子師範学校別科英学科を卒業
明治11年 1878年 9月 17歳 お茶の水東京女子師範学校師範科本科に入学
明治12年 1879年 5月13日 18歳 米国フィラデルフィア府女子師範学校入学の許可がおりる
明治12年 1879年 8月 18歳 政府の都合により留学が中止
明治12年 1879年 9月 18歳 文部省の依頼によりお茶の水東京女子師範学校師範科に復旧し、一級昇進する
明治14年 1881年 7月30日 20歳 お茶の水東京女子師範学校卒業
明治14年 1881年 8月9日 20歳 お茶の水東京女子師範学校に就職
明治14年 1881年 11月 20歳 鳩山家に婚嫁のため辞職
明治14年 1881年 11月16日 20歳 鳩山和夫と結婚
明治16年 1883年 1月1日 21歳 長男 一郎を出産
明治17年 1884年 2月4日 22歳 次男 秀夫を出産
明治17年 1884年 6月2日 23歳 東京女子師範学校御用掛拝命
明治19年 1886年 2月20日 25歳 新設の文部省直轄東京高等女学校より御用掛拝命
明治19年 1886年 3月 25歳 宮川保全氏と共に共立女子職業学校(現在の学校法人共立女子学園)を創立。本務の傍ら、教授職も務める
明治28年 1895年 11月 34歳 高等女学校の設備がない地方に通信教授を行う。その後高等女学校が普及するまで十数年継続する。
明治32年 1899年 1月 38歳 共立女子職業学校の財団法人化にともない、商議員となる。
明治45年 1912年 4月 52歳 共立女子職業学校に家庭科を新設する
大正2年 1913年   53歳 東京女子高等師範学校講師となり、職員を兼任する
大正3年 1914年   53歳 共立女子職業学校の理事となる
大正5年 1916年 3月31日 55歳 共立女子職業学校の副校長となる
大正11年 1922年 10月30日 62歳 学制頒布50年記念式で東京市教育会長から表彰を受ける
大正11年 1922年 12月8日 62歳 共立女子職業学校第6代校長となる
大正12年 1923年 9月1日 63歳 共立女子職業学校の校舎・寄宿舎が関東大震災により焼失。復興に全力を尽くす。
大正13年 1924年 2月11日 64歳 叙勲六等授瑞宝章受章
大正14年 1925年 4月 65歳 共立女子職業学校に専門学校を併置、初代校長となる
昭和2年 1927年 4月 67歳 共立女子職業学校にて「女子技芸講習録」を編輯し、1年間の通信教育を始める
昭和2年 1927年 5月27日 67歳 ローマ法王より1925年聖年祭記念布教博覧会功労賞を受賞
昭和2年 1927年 12月 67歳 日本婦人海外協会顧問を嘱託
昭和3年 1928年 2月1日 67歳 大礼記念国産振興東京博覧会評議委員を嘱託
昭和3年 1928年 5月 68歳 東京府下中学校博物教育会の賛助員として推挙される
昭和3年 1928年 6月1日 68歳 御慶記念婦人子供博覧会顧問を嘱託
昭和3年 1928年 6月16日 68歳 帝都教育会長から表彰状と功牌を受ける
昭和3年 1928年 10月1日 68歳 共立女子職業学校長に続いて共立女子専門学校長を兼任する
昭和3年 1928年 11月10日 68歳 叙勲五等授瑞宝章受章
昭和13年 1938年 7月12日 78歳 逝去
昭和13年 1938年 7月12日 78歳 叙勲四等授瑞宝章受章

撮影・大広間の貸出しについて | よくあるご質問

 Copyright (C) 2003 Hatoyama Hall. All rights reserved .