鳩山会館
HATOYAMA HALL

鳩山一郎

明治16年(1883)〜昭和34年(1959)。内閣書記官長、文部大臣を歴任し、昭和29年〜31年・内閣総理大臣。勲一等旭日大綬章を受章と大勲位菊花大綬章を受章。

一朗色紙
一郎先生は、人間性の尊重を基本として、お互いの立場を理解し合い人類愛に根ざす助け合いの精神をもつこと、この相互尊重、相互理解、相互扶助の三つを「友愛主義」と呼び、政治理念の原則としました。
鳩山一郎記念像についてはこちら

愛用品

back
鳩山家の人々
鳩山一郎
鳩山一郎記念像についてback

略歴
明治16年 (1883年) 1月1日   誕生。父・鳩山和夫、母・春子の長男として牛込区東五軒町にて
明治20年 (1887年) 4月 4歳 女子高等師範学校附属幼稚園に入園
明治22年 (1889年) 4月 6歳 東京高等師範学校附属小学校に入学
明治24年 (1891年)   8歳 音羽に転居
明治28年 (1895年) 4月 12歳 東京高等師範学校附属中学校に入学
明治33年 (1900年) 3月 17歳 東京高等師範学校附属中学校卒業
明治33年 (1900年) 9月 17歳 第一高等学校第一部に入学
明治36年 (1903年) 9月 20歳 東京帝国大学英法科に入学
明治40年 (1907年) 7月 24歳 東京帝国大学英法科卒業、京橋山城町の父の事務所で見習い弁護士になる
明治41年 (1908年) 4月 25歳 早稲田大学の講師に就く
明治41年 (1908年) 9月18日 25歳 寺田 薫(寺田 栄の長女)と結婚(寺田 栄氏は当時衆議院議員秘書課長、後貴族院議員に勅選)
明治44年 (1911年) 10月3日 28歳 父・鳩山和夫が死去
明治45年 (1912年) 2月 29歳 父の死に伴う東京市議会議員補欠選挙に立候補し、当選
大正4年 (1915年) 3月25日 32歳 衆議院第12回総選挙で初当選、立憲政友会に所属
大正4年 (1915年) 11月7日 32歳 勲四等瑞宝章を受章
大正6年 (1917年) 4月20日 34歳 衆議院第13回総選挙で当選(2回目)
大正7年 (1918年) 12月 35歳 東京市議会副議長に就任
大正9年 (1920年) 5月10日 37歳 衆議院第14回総選挙で当選(3回目)
大正13年 (1924年) 1月18日 41歳 政友会を脱退し「政党本党」の結党に参加
大正13年 (1924年) 5月10日 41歳 衆議院第15回総選挙で当選(4回目)
大正13年 (1924年) 5月 41歳 院内総務に就く
大正13年 (1924年) 12月 41歳 東京市議会議長に選任
大正13年 (1924年)   41歳 自宅を岡田信一郎氏の設計により建築
大正14年 (1925年) 4月1日 42歳 政友本党総務となる
大正15年 (1926年) 1月15日 43歳 政友本党を脱党し、同交会を組織
大正15年 (1926年) 2月12日 43歳 同交会、立憲政友会と合同
大正15年 (1926年) 3月27日 43歳 立憲政友会幹事長に就任
昭和2年 (1927年) 4月20日 44歳 田中義一内閣の書記官長に就任(〜昭和4年7月)
昭和3年 (1928年) 2月20日 45歳 衆議院第16回総選挙(第一回普通総選挙)で当選(5回目)
昭和3年 (1928年) 12月28日 45歳 勲二等旭日大綬章を受章
昭和5年 (1930年) 2月20日 47歳 衆議院第17回総選挙で当選(6回目)
昭和5年 (1930年) 5月 47歳 政友会の総務に就任
昭和6年 (1931年) 12月13日 48歳 犬養 毅内閣の文部大臣で初入閣
昭和7年 (1932年) 2月20日 49歳 衆議院第18回総選挙で当選(7回目)
昭和7年 (1932年) 5月26日 49歳 齋藤 実内閣で文部大臣に留任(〜昭和9年3月)
昭和9年 (1934年) 4月5日 51歳 勲一等瑞宝章を受章
昭和9年 (1934年) 4月29日 51歳 勲一等旭日大綬章を受章
昭和11年 (1936年) 1月 53歳 政友会の総裁代行に就任
昭和11年 (1936年) 2月20日 53歳 衆議院第19回総選挙で当選(8回目)
昭和12年 (1937年) 7月 54歳 衆議院第20回総選挙で当選(9回目)
昭和12年 (1937年) 7月 54歳 第33回列国議会議員同盟会議出席のためパリへ、翌年2月帰国
昭和14年 (1939年) 5月20日 56歳 政友会分裂、久原派を結党
昭和15年 (1940年) 7月 57歳 政友会久原派解党
昭和15年 (1940年) 12月20日 57歳 全政党解党、衆議院議員倶楽部に所属
昭和16年 (1941年) 2月27日 58歳 衆議院から在職26年の功労賞を受賞
昭和16年 (1941年) 9月2日 58歳 衆議院倶楽部解散
昭和16年 (1941年) 11月10日 58歳 同交会を組織、加入
昭和16年 (1941年) 12月8日 58歳 開戦(第二次世界大戦)
昭和17年 (1942年) 4月30日 59歳 衆議院第21回総選挙(翼賛選挙)に非推薦で当選(10回目)
昭和17年 (1942年) 5月14日 59歳 同交会解散する
昭和17年 (1942年) 5月22日 59歳 翼賛政治会結成、参加
昭和18年 (1943年) 6月22日 60歳 翼賛政治会を脱し、無所属となる
昭和20年 (1945年) 8月15日 62歳 終戦(第二次世界大戦)
昭和20年 (1945年) 8月22日 62歳 軽井沢より上京(安藤、芦田氏等の要請を受け)
昭和20年 (1945年) 11月9日 62歳 日本自由党を結党、総裁に就任
昭和21年 (1946年) 4月10日 63歳 衆議院第22回総選挙で当選(11回目)日本自由党が第1党となり、次期首相候補に挙げられる
昭和21年 (1946年) 5月4日 63歳 GHQにより公職追放の指令を受ける
昭和26年 (1951年) 2月6日 68歳 米国トルーマン大統領特使ダレス氏と会う(ニューズウィーク誌の東京支局長・パケナム氏の紹介で)
昭和26年 (1951年) 6月11日 68歳 脳溢血で倒れる
昭和26年 (1951年) 8月6日 68歳 第2次追放解除により公職に復帰
昭和27年 (1952年) 9月2日 69歳 吉田首相と会う(箱根ホテルに吉田首相が訪ねてくる)
昭和27年 (1952年) 10月1日 69歳 衆議院第25回総選挙において全国最高点で当選(12回目)、自由党に所属
昭和28年 (1953年) 3月18日 70歳 自由党分党派結成、総裁に就任
昭和28年 (1953年) 4月21日 70歳 衆議院第26回総選挙において全国最高点で当選(13回目)
昭和28年 (1953年) 4月29日 70歳 友愛青年同志会を組織
昭和28年 (1953年) 11月17日 70歳 吉田首相、音羽の私邸を訪問、復帰を求めた
昭和28年 (1953年) 11月29日 70歳 自由党分党派を解党し、自由党へ復党
昭和29年 (1954年) 11月24日 71歳 日本民主党を結党、総裁に就任
昭和29年 (1954年) 12月9日 71歳 内閣総理大臣に指名される
昭和29年 (1954年) 12月10日 71歳 第1次鳩山内閣を組閣成立
昭和30年 (1955年) 1月7日 72歳 ソ連駐日代表部主席代理ドムニッキー氏が音羽の私邸を訪問
昭和30年 (1955年) 1月25日 72歳 ソ連駐日代表部主席代理ドムニッキー氏が音羽の私邸を訪問
昭和30年 (1955年) 2月27日 72歳 衆議院第27回総選挙において全国最高得票数を得て当選(14回目)
鳩山ブームで日本民主党第1党になる
昭和30年 (1955年) 3月19日 72歳 第2次鳩山内閣を組閣成立
昭和30年 (1955年) 6月4日 72歳 鳩山、緒方会談(保守合同で一致)
昭和30年 (1955年) 11月15日 72歳 自由党と日本民主党が合同、自由民主党を結党(保守合同:55年体制の確立)総裁代行委員に選出される
昭和30年 (1955年) 11月16日 72歳 イタリアより共和国メリット勲章を受章
昭和30年 (1955年) 11月22日 72歳 第3次鳩山内閣を組閣成立
昭和30年 (1955年) 12月7日 72歳 カンボジアよりサハメトレ王室勲章大綬章を受章
昭和31年 (1956年) 4月5日 73歳 自由民主党の臨時大会で初代総裁に就任
昭和31年 (1956年) 10月7日 73歳 日ソ交渉全権団長としてモスクワへ出発
昭和31年 (1956年) 10月13日 73歳 ブルガーニン、ソ連首相・フルシチョフ氏と会談
昭和31年 (1956年) 10月15日 73歳 ブルガーニン、ソ連首相・フルシチョフ氏と会談
昭和31年 (1956年) 10月19日 73歳 交渉妥結、日ソ国交回復に関する共同宣言調印
昭和31年 (1956年) 11月1日 73歳 日ソ交渉全権団、帰国
昭和31年 (1956年) 11月2日 73歳 総理引退を表明
昭和31年 (1956年) 11月12日 73歳 日ソ共同宣言批准書を交換、発行する
昭和31年 (1956年) 12月18日 73歳 国際連合は日本を第80番目の加盟国として承認
昭和31年 (1956年) 12月20日 73歳 内閣総辞職
昭和33年 (1958年) 5月22日 75歳 衆議院第28回総選挙で当選(15回目)
昭和34年 (1959年) 3月7日 76歳 逝去、衆議院議員在職 35年9ヶ月
昭和34年 (1959年) 3月7日 76歳 大勲位菊花大綬章を受章、正二位に叙せられる

撮影・大広間の貸出しについて | よくあるご質問

 Copyright (C) 2003 Hatoyama Hall. All rights reserved .