鳩山会館
HATOYAMA HALL

鳩山威一朗

大正7年(1918)〜平成5年(1993)。昭和17年に石橋安子と結婚。大蔵省事務次官を退官し、昭和49年・参議院議員。昭和51年・外務大臣に就任。勲一等端宝章受賞。


威一朗


威一朗先生は、
「和を以って貴しと為す」
(人間はお互いに親しみ、誠意を以って事にあたるべきである)の言葉通り、人の和を尊重しつつ自らは滅私・無私の精神を政治理念として国政に尽力されました。

 


愛用品

back
鳩山家の人々
鳩山威一朗
back

略歴
大正7年 1918年 11月11日   誕生。(本籍 東京都) 父・鳩山一郎、母・鳩山 薫の長男として
昭和6年 1931年 3月31日 12歳 東京高等師範学校付属小学校(尋常科)卒業
昭和13年 1938年 3月31日 19歳 府立高等学校高等科文科甲類卒業
昭和15年 1940年 3月 21歳 高等試験行政科合格
昭和16年 1941年 3月 22歳 東京帝国大学法学部法律学科卒業
昭和16年 1941年 4月7日 22歳 大蔵省入省。(専売局書記兼大臣官房文書課)
昭和16年 1941年 4月18日 22歳 大蔵省属。海軍主計中尉
昭和16年 1941年 5月15日 22歳 従七位に叙される
昭和16年 1941年 9月25日 22歳 「長良」乗り組み
昭和17年 1942年 4月11日 23歳 海軍省経理局第4課
昭和17年 1942年 11月1日 23歳 海軍主計大尉
昭和17年 1942年 11月23日 24歳 石橋安子と結婚
昭和17年 1942年 12月15日 24歳 正七位に叙される
昭和18年 1943年 12月10日 25歳 第4艦隊司令部付
昭和19年 1944年 3月1日 25歳 第4艦隊海軍経理部パラオ支部部員
昭和19年 1944年 7月15日 25歳 第103海軍経理部員
昭和20年 1945年 9月5日 26歳 海軍主計少佐
昭和20年 1945年 9月6日 26歳 従六位に叙される
昭和21年 1946年 1月10日 27歳 第二復員官横須賀地方復員局出仕
昭和21年 1946年 3月10日 27歳 召集を解除
昭和21年 1946年 3月28日 27歳 大蔵省主計局
昭和21年 1946年 6月25日 27歳 給与局
昭和23年 1948年 5月31日 29歳 新給与実施本部員
昭和24年 1949年 6月1日 30歳 総理府事務官
昭和24年 1949年 12月23日 30歳 大蔵省主計局
昭和26年 1951年 4月15日 32歳 通産省通商振興局通商経理課課長
昭和27年 1952年 8月1日 33歳 通産省企業局通商経理課長
昭和27年 1952年 12月1日 34歳 大蔵省主計局主計官兼主計局総務課
昭和28年 1953年 4月1日 34歳 大蔵省主計局主計官(総理府、地方財政、法務)
昭和28年 1953年 7月1日 34歳 大蔵省主計局主計官(総理府、特別機関、地方財政、法務)
昭和29年 1954年 6月1日 35歳 大蔵省主計局主計官(総理府、地方財政、文部)
昭和30年 1955年 8月10日 36歳 大蔵省主計局主計官(外務、通産)
昭和30年 1955年 11月2日〜12月11日 37歳 原子力事情調査のためスイス、フランス、イギリス、アメリカへ出張
昭和32年 1957年 7月10日 38歳 大蔵省主計局主計官(厚生、社会保険、労働)
昭和34年 1959年 8月1日 40歳 大蔵省大臣官房文書課長
昭和36年 1961年 6月23日 42歳 関東信越国税局長
昭和38年 1963年 5月20日 44歳 国税庁直税部長
昭和39年 1964年 7月3日 45歳 大蔵省主計局次長
昭和39年 1964年 11月5日 46歳 大蔵省勤務満23年表彰
昭和40年 1965年 7月22日 46歳 経済企画庁長官官房長
昭和42年 1967年 8月15日 48歳 大蔵省理財局長
昭和43年 1968年 6月7日 49歳 大蔵省主計局長
昭和43年 1968年 9月15日〜9月25日 49歳 欧州経済担当者会議のためスウェーデン、イギリス、イタリア、フランスへ出張
昭和45年 1970年 6月27日〜7月9日 51歳 アメリカ、カナダへ出張
昭和46年 1971年 6月11日 52歳 大蔵省事務次官
昭和47年 1972年 6月27日 53歳 大蔵省退官
昭和49年 1974年 7月8日 55歳 参議院議員選挙(全国区)で初当選(自由民主党で二位)
昭和51年 1976年 9月17日 57歳 自由民主党、経理局長
昭和51年 1976年 12月24日 58歳 福田内閣の外務大臣で入閣(〜1977年11月28日)
昭和52年 1977年 3月19日〜3月24日 58歳 日米首脳会談 福田首相に同行(アメリカ)
昭和52年 1977年 5月4日〜5月10日 58歳 主要国首脳会議に出席(ロンドン)
昭和52年 1977年 7月16日〜7月24日 58歳 バングラデシュ、インド、ネパール訪問
昭和52年 1977年 8月6日〜8月18日 58歳 東南アジア諸国連合首脳会議 福田首相に同行 東南アジア諸国訪問(マレーシア、ビルマ、インドネシア、シンガポール、タイ、フィリピン)
昭和52年 1977年 9月22日〜10月3日 58歳 国連総会に出席 27日国連総会で一般演説 29日午前国連ソ連代表部でグロムイコ ソ連外相と会談する 午後ニューヨークの安倍大使公邸で日中国交正常化を記念して夕飯会をはさんで黄華中国外相と会談する
昭和52年 1977年 12月 59歳 外務委員会理事(〜1985年6月)
昭和55年 1980年 6月22日 61歳 参議院議員選挙(全国区)で自由民主党第一位で当選(2回目) 衆議院議員選挙が同時に行われ、鳩山邦夫当選
昭和55年 1980年 7月 61歳 公職選挙法改正に関する特別委員会委員長
昭和56年 1981年 12月 63歳 自由民主党、全国組織委員会副委員長
昭和56年 1981年 12月 63歳 自由民主党、領土領海特別委員会委員長(〜1986年8月)
昭和56年 1981年 12月 63歳 自由民主党、国際経済対策特別委員会副会長
昭和58年 1983年 3月 64歳 ペルー共和国グラン・クルス(一等大十字勲章)受章
昭和58年 1983年 7月 64歳 参議院予算委員会委員(〜1986年1月)
昭和58年 1983年 7月 64歳 外交・総合安全保障に関する調査会委員(〜1989年1月)
昭和58年 1983年 7月 64歳 自由民主党、北海道開発委員会委員長(〜1985年2月)
昭和58年 1983年 7月 64歳 自由民主党、独禁法改正特別委員会会長(〜1984年1月)
昭和61年 1986年 1月 67歳 自由民主党、対外経済協力特別委員会委員長(〜1988年2月)
昭和61年 1986年 7月 67歳 参議院予算委員会委員(〜1988年2月)
昭和61年 1986年 7月 67歳 参議院比例代表選出議員選挙、自由民主党名簿登載第一位で当選(3回目) 衆議院議員選挙が同時に行われ、鳩山由紀夫、鳩山邦夫当選)
昭和61年 1986年 9月 67歳 自由民主党、参議院議員会副会長
昭和61年 1986年 9月 67歳 裁判官弾劾裁判所裁判員
昭和63年 1988年 7月 69歳 内閣委員会委員(〜1989年7月)
平成1年 1989年 4月29日 70歳 勲一等瑞宝章受章
平成1年 1989年 8月 70歳 外務委員会委員
平成4年 1992年 3月 73歳 運輸委員会委員
平成4年 1992年 7月 73歳 任期満了により参議院議員を引退
平成5年 1993年 12月19日 75歳 逝去
平成5年 1993年 12月19日 75歳 正三位に叙される

撮影・大広間の貸出しについて | よくあるご質問

 Copyright (C) 2003 Hatoyama Hall. All rights reserved .