鳩山会館
HATOYAMA HALL


安政3年(1856)〜明治44年(1911)。米国留学し、エール大学法学博士。外務次官。衆議院議長。東京大学教授。早稲田大学総長を歴任した。



back

 

鳩山家の人々
鳩山和夫
back

略歴
安政3年 1856年 4月3日   武蔵国江戸虎門(現在の東京都港区虎ノ門)に勝山藩鳩山重右衛門博房の四男として生まれる
明治3年 1870年 10月 14歳 大学南校(現在の東京大学の前身)に入学
明治8年 1875年 7月10日 19歳 法学修行のため5年間のアメリカ留学を被命
明治10年 1877年 4月16日 21歳 父 博房が急死
明治10年 1877年 5月16日 21歳 コロンビア大学でB.L(ベチエラー)の学位を受ける
明治11年 1878年 6月26日 22歳 エール大学でM.L(マスター・オブ・ロー)の学位を受ける
明治13年 1880年 7月1日 24歳 エール大学でD.C.L(法学博士)の学位を受ける
明治13年 1880年 8月30日 24歳 東京帝国大学法学部講師を嘱任される
明治14年 1881年 11月4日 25歳 多賀春子と結婚する
明治14年 1881年 12月 25歳 代言人(現在の弁護士)試験に合格する
明治15年 1882年 1月4日 25歳 代言人事務を開業する
明治15年 1882年 1月11日 25歳 依願東京帝国大学法学部講師解任
明治15年 1882年 2月 25歳 東京府会議員に1572票の最高点で当選する
明治15年 1882年 3月30日 25歳 東京代言人組合長に選挙される
明治15年 1882年 7月26日 26歳 東京府会郡部会議長となる
明治16年 1883年 1月1日 26歳 長子 一郎生れる
明治16年 1883年 4月11日 27歳 東京代言人組合長に再選される
明治17年 1884年 1月19日 27歳 再び東京帝国大学法学部講師となる
明治17年 1884年 2月7日 27歳 次子 秀夫生まれる
明治17年 1884年 4月15日 28歳 東京代言人組合長に三度重任する
明治17年 1884年 4月19日 28歳 東京府会議員に再選
明治17年 1884年 5月13日 28歳 同会郡部会議長となる
明治18年 1885年 4月23日 29歳 外務省權大書紀官に任ぜられ、東京府会議員及び東京代言人組合長等の公職を辞する
明治18年 1885年 5月1日 29歳 取調局長被仰付
明治18年 1885年 6月5日 29歳 叙正六位
明治18年 1885年 11月21日 29歳 兼任参事院外議官補
明治18年 1885年 12月26日 29歳 兼翻訳局長心得被仰付
明治19年 1886年 3月3日 29歳 任外務省取調局長兼翻訳局長
明治19年 1886年 4月10日 30歳 叙奏任官一等
明治19年 1886年 4月19日 30歳 兼任法科大学教授叙奏任官ニ等
明治19年 1886年 7月8日 30歳 叙従五位
明治20年 1887年 3月28日 30歳 依願免兼法科大学教授
明治20年 1887年 9月17日 31歳 葡国(ポルトガル)皇帝より「コマンドル・ド・ロルドル・ロアヤル、ミリテール・ボルチエゲー・ド・セニユール・ゼ・ジエキリスト」の勲章を贈られる
明治20年 1887年 10月4日 31歳 文官試験委員被仰付
明治20年 1887年 12月28日 31歳 兼任法科大学教授、法科大学教頭。叙奏任官一等帝国大学評議官を命じられる
明治21年 1888年 5月7日 32歳 法学博士の学位を受ける(日本最初の博士号)
明治21年 1888年 9月28日 32歳 免兼翻訳局長
明治21年 1888年 12月27日 32歳 布哇国(ハワイ)より贈られた王冠勲章の佩用を允許される
明治22年 1889年 8月17日 33歳 現行法律規則調査委員を被命
明治23年 1890年 1月21日 33歳 再び代言人となる
明治23年 1890年 4月15日 34歳 東京代言人組合長に選挙さる
明治23年 1890年 7月 34歳 東京専門学校長(現在の早稲田大学)に就任する
明治23年 1890年 34歳 小石川区音羽町7丁目に居を移す
明治25年 1892年 2月23日 35歳 東京府第9区(小石川、牛込、四谷)選出衆議院議員となる
明治26年 1893年 4月13日 37歳 法典調査会委員被仰付
明治27年 1894年 3月1日 37歳 衆議院議員に当選する
明治27年 1894年 9月25日 38歳 衆議院議員に当選する
明治28年 1895年 3月16日 38歳 鉄道会議員被仰付
明治29年 1896年 3月1日 39歳 進歩党員となる
明治29年 1896年 12月22日 40歳 衆議院議長に任ぜられる
明治31年 1898年 3月25日 41歳 衆議院議員に当選する
明治31年 1898年 6月21日 42歳 憲政党員となる
明治31年 1898年 8月20日 42歳 衆議院議員に当選する
明治31年 1898年 9月13日 42歳 任外務次官叙高等官一等
明治31年 1898年 10月31日 42歳 叙従四位
明治31年 1898年 10月 42歳 依願免外務次官
明治32年 1899年 9月29日 43歳 清国(中国)より贈られたる第二等第一雙龍寳章を允許さる
明治34年 1901年 10月23日 45歳 エール大学200年祭に招待せられ、同大学より名誉大博士の学位を受ける
明治35年 1902年 8月15日 46歳 衆議院議員に当選する
明治36年 1903年 3月11日 46歳 衆議院議員に当選する
明治37年 1904年 3月5日 47歳 衆議院議員に当選する
明治40年 1907年 4月1日 50歳 早稲田大学校長の職を退く
明治40年 1907年 5月20日 51歳 商法改正主査委員被仰付
明治41年 1908年 1月18日 51歳 憲政本党を脱す
明治41年 1908年 1月19日 51歳 政友会に入会する
明治41年 1908年 5月19日 52歳 衆議院議員に当選する
明治41年 1908年 6月26日 52歳 母 喜久子歿す
明治41年 1908年   52歳 第25議会において政務調査会第一文科長となる
明治41年 1908年 11月15日 52歳 東京市会議員に当選する
明治42年 1909年 12月24日 53歳 第26議会において予算委員長に当選する
明治43年 1910年 5月30日 54歳 東京弁護士会長に当選する
明治44年 1911年 10月2日 55歳 叙正四位(特旨を以って位一級を進めらる)叙勳三等綬瑞宝章受章
明治44年 1911年 10月3日 55歳 午前7時半永眠する

撮影・大広間の貸出しについて | よくあるご質問

 Copyright (C) 2003 Hatoyama Hall. All rights reserved .