鳩山会館
HATOYAMA HALL
鳩山一郎記念像について
鳩山会館の外観
鳩山一郎のページへ
日ソ共同宣言・日ロ国交回復50周年記念 日本国第52代内閣総理大臣
鳩山一郎銅像建立経緯
2006年10月19日は「日ソ共同宣言・日ロ国交回復50周年」の記念日に当たり、ロシア21世紀委員会と日本・ロシア協会は05年度から協議を行い、当該日に次のようなイベントを、催すことが決まった。
  1. 2006年10月19日モスクワにおいて日ロフォーラムを行い、日本から多くの参加者を派遣する。
  2. 日ロフォーラムの席上、日ソ共同宣言・日ロ国交回復に尽力された故鳩山一郎元内閣総理大臣の銅像を、ズラブ・ツェレテリ ロシア美術アカデミー総裁が制作、その銅像をロシア21世紀委員会ルシコフ委員長から、日本・ロシア協会に寄贈し鳩山会館に建立する。
  3. 日本さくらの会からモスクワ市に桜の苗木を贈り記念植樹を行う。

各行事は予定通り行われ、日ロフォーラムには鳩山会館の代表3名と(財)日本友愛青年協会のメンバー総勢34名が参加した。
鳩山会館の代表は、2006年10月17日、ズラブ・ツェレテリ、ロシア美術アカデミー総裁の工房を訪ね、同氏にお会いして、銅像制作の経緯及び鳩山一郎先生に対する暖かいお心遣いを伺うと同時に銅像制作現場を見学した。
2007年1月12日ロシア21世紀委員会から銅像を発送、1月15日受領した。
鳩山会館は鳩山一郎先生の日ロ平和条約締結に対する熱い思いをロシアに伝える為銅像をモスクワに向けて建立した。
2月28日ロシア フラトコフ首相、ベールイ特命全権大使、オルジョニキーゼ モスクワ副市長、銅像制作者 ズラブ・ツェレテリ ロシア美術アカデミー総裁来日。日本側からは、安倍首相、中曽根元首相など多くのご来賓をお迎えし、銅像除幕式を挙行した。
銅像除幕式
作者紹介
ツェレテリ・ズラブ・コンスタンチノビッチ ロシア美術アカデミー総裁
 1958年にトビリシ美術アカデミーを卒業。記念碑・塑像彫刻家、絵画家、線画家、デザイナーとして有名。
 芸術家がさまざまな造形美術の形象で生み出したユニークな作品は、街の通りや広場、国家及び民間建築物を飾っており、モスクワ市内に限らず、ロシアの他の都市、そして独立国家共同体諸国、アメリカ、日本、イギリス、フランス、スペイン、イタリア、ブラジル、イスラエル、ウルグアイなど数多く国々に及んでいる。
広範な国際的評価を受けたツェレテリの作品としては次が上げられる。記念碑塑像「世界の子供に幸せを」(ブロクポート、ニューヨーク州、1979年)、構成作「善は悪に勝る」(国連本部前、アメリカ・ニューヨーク市、1990年)、フリストファ・コロンブスを記念した記念碑的構成作「新しい人間の誕生」(スペイン・セビリア、1995年)、N・V・ゴーゴリ記念像(イタリア・ローマ市、2002年)、奇跡を起こす聖者聖ニコライ像(イタリア・バリ、2003年)、国際テロリズムとのたたかいに捧げる記念碑(アメリカ・ニュージャージ州・バイオン市)など。芸術家の次のような作品、ポクロンノイ丘の記念碑群(ロシア・モスクワ市、1995-96年)、マネージナヤ広場の記念碑的芸術構想(モスクワ市、1997年)、ロシア海軍300周年を記念したピョートル大帝像(モスクワ市、1997年)は、現代ロシアの首都の名刺とも言え、その外貌とは切り離すことはできない。
 1980年にツェレテリはモスクワ・オリンピックの芸術監督となった。1995年からツェレテリはモスクワ市内の救世主キリスト大聖堂の装飾復興の美術監督となっている。
ツェレテリが描き上げた絵画の数は、さまざまなジャンルのカンバス5000点以上に及ぶ。線画でも活発な活動を行っている。
ツェレテリはロシア連邦特命全権大使の官等を有し、ブロクポート芸術大学(アメリカ・ニューヨーク州)教授であり、またモスクワ現代芸術博物館及びモスクワにあるズラブ・ツェレテリ美術館の創立者・館長である。
芸術家の個展は定期的にロシア、独立国家共同体諸国、アメリカ、ヨーロッパ及びアジアで開催されている。彼の作品は全世界の博物館や個人の所蔵として保存されている。

撮影・大広間の貸出しについて | よくあるご質問

 Copyright (C) 2003 Hatoyama Hall. All rights reserved .